12k × Editions Mego -PJUSK & CHRA Japan Tour 2016-

エクスペリメンタル/アンビエント・ミュージックのシーンにおける重要拠点、坂本龍一とのコラボレーションでも知られるテイラー・デュプリー主宰のニューヨークの電子音響レーベル『12k』と、これまでにFenneszやOneohtrix Point Never等の作品をリリースしてきたウィーンの名門電子音響レーベル『Editions MEGO』より二組のアーティストが初来日。大自然に囲まれた北欧ノルウェーの厳しい天候と荒涼とした景色からインスパイアされた独特のミニマルな電子音楽作品を発表するRune Sagevik と Jostein Dahl Gjelsvikによるデュオ・ユニットPjusk。環境音とテープレコーダーやサンプラーから生み出されるインダストリアル・アンビエントの傑作”Empty Airport”をリリースしたばかりの話題沸騰中の才媛ChraことChristina Nemec。両者共に初来日となるジャパンツアーが全国各地で開催。
 

 

The Quietus

 Instead of a contrived, designer-y cool, the album is filled with a warm, exploratory sensibility. On Semi Lattice, Onodera has created a set of seemingly minimal sound structures out of complex interactions that will effortlessly transform any room, while the details of their intriguing inner architectures only begin to become apparent through focused listening.
 


 

Networks of sounds

As long as your ears are open, the sound world of Yui Onodera will take you where YOU want to go. From simple means (piano, guitar, computer), Onodera draws complex materials, and then mixes them back into deceptively simple results. The work draws inspiration (and its title) from an abstract structure thought up by architect Christopher Alexander.
 

 

CINRA

国内外で多彩な活動を展開する小野寺唯は、人々の意識に上ることの少ないこうした音の領域に関心を抱き、ソロやコラボレーションワーク、あるいは実際の都市空間のサウンドデザインの実践のなかで探求してきた音楽家だ。そんな彼が「音への向き合い方が似ている」と共感を持っているのが、音楽プロダクション「invisible designs lab.」。山の斜面に設置された装置の上を転がるボールが静かに音を奏でるNTTドコモのCM『森の木琴』で、『カンヌ国際広告祭金賞』に輝くなど世界中の度肝を抜いた、注目の音楽制作チームである。
 


 

Mikiki

RESHAFTではそれまでに培った音響的手法が活きた唯一無二のビートを鳴らし、8年振りソロ作ではミニマルダブを聴かせる。またスペインのstörung festivalにMurcof、SCANNER等と出演する等、近々の動きだけでも相当なものだ。本作はフィールド・レコーディングや繊細なエレクトロニクスとピアノの旋律との対比が、静謐ながら抑制された情感を感じさせる非常に美しいアンビエント作品に仕上がっており、キャリア史上最も異色作と言えるかもしれない。
 


 

Störung Festival 10

FRANK BRETSCHNEIDER, MURCOF, ASMUS TIETCHENS, SCANNER, D-FUSE, FLUXION, NICOLAS BERNIER, YUI ONODERA etc.
 


 

CINRA

今回のリリースまでの数年間、小野寺は他の音楽家だけでなく、パフォーマー、建築家といった様々な表現者たちとも旺盛に交流してきた。さらに、音響建築設計や空間・プロダクトのためのサウンドデザインなども手掛けながら、音楽とそれを巡る環境について考え続けてきたという。そんな小野寺の対談相手を務める荏開津広は、長きにわたりDJとして活躍した経歴を持ち、日本のクラブカルチャーを牽引してきた人物の一人。近年では現代アーティストの竹内公太や大山エンリコイサムらも出展する展覧会『SIDE CORE』や、ポンピドゥー・センターの実験映像祭『オール・ピスト』の日本版にキュレーターとして参加。ストリートカルチャーを足がかりに、音楽だけでなくアートの領域への造詣も深い人物だ。
 


 

ele-king

まるで深海の底にゆっくり沈みこむようなディープなアンビエント・ダブだ。霧のような音響の層がいくつも折り重なり、聴き込んでいくにつれて意識がゆったりと遠のいていく。同時にその音はシェルターのように私たちを包み込む。深く鳴り響くキックの音は、鼓動に包まれるような安心感すらもたらすだろう。音の海へと沈み込んでいくことへの畏怖、そして安堵。まさにアルバム名「深海=Shinkai」そのもののような壮大な音響の連鎖。
 

 

Cyclic Defrost

One of the defining features of all Onodera’s work has always been an impeccably honed and carefully crafted sound design. It is clear from the outset that “Sinkai” has lost none of this. Yui’s previous solo albums were all intricately crafted and immersive affairs where a single idea was carefully focussed and teased out and then the results reimagined in a new direction until the original question was answered from all sides.
 


 

BENEATH THE SURFACE:RESHAFT

Their debut record Decon (released last month on Comfortzone music), is a mesmeric bundle of brilliance that expands and contracts as it plays, creating new sonic forms within forms, and subtle, rhythmic patterns that cause tiny chain reactions in your ears. Their blend of organic and electronic sound is complex and craftily arranged, and presents the listener with unanticipated breaks and shifts in direction.
 


 

THE ACOUSTIC CITY

How does sound shape urban life? What do soundscapes reveal about the experience of modernity? This innovative essay collection explores a series of critical themes including the diversity of urban soundscapes; acoustic flânerie and different ways of listening to the city; the emergence of specific associations between place, music, and sound; and the acoustic ecology of architecture, landscape and urban design. BJ Nilsen, Chris Watson, Ekkehard Ehlers etc.
 

 

FOUNDSOUNDSCAPE

Janek Schaefer's project 『foundsoundscape』 with Brian Eno, Bibio, William Basinski etc.
 


 

V.A / VERNACULAR

This compilation collects a gathering of 15 sound artists from 11 countries. Released as a double CD compilation album with a 16 page booklet. VERNACULAR connects the past and future of the electronica, ambient, and experimental scenes, using the locality of each artists country as the theme.
with STEVE RODEN, JANEK SCHAEFER, SIMON SCOTT, KIM CASCONE, JOHN GRZINICH, YVES DE MEY, LAWRENCE ENGLISH etc.